itusanの無駄話
天才とは

天才とは僅かに我々と一歩を隔てたもののことである。

同時代はこの一歩の千里であることを理解しない。

後代はまたこの一歩であることに盲目である。

同時代はそのために天才を殺した。

後代は、またそのために天才の前に香を焚いている。

我々は凡才である。然し天才との隔たりを実感しない

あたかも自己が天才であるとの錯覚をふと思う、何という馬鹿げた錯覚か!!
スポンサーサイト
コメント
天才
真砂なす数なき星のその中に吾に向かいて光る星有り・・・・天才の誉れ高いさる詩人のぼやき・・・・
2015/04/29(水) 14:04:18 | URL | tokusan #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック