FC2ブログ
itusanの無駄話
己自身と向き合う閑暇の時
よく生きた人生とは、仮にそれがいかに短いものであっても一日一日をそれが自分の全人生
であるかのように全力で生きた人の生なのだ。

一日一日を全き力で生きた者がよく生きたと言える。とセネカは言うのだ。

今を生きないで、未来の良い生活を夢見て今を犠牲にしている人がなんと多い事か

世事にかまけず、己自身と向き合う閑暇の時がいかに尊いか

人生の生き方の極致は一日一日を人生の最後の日と思って生きる事。

そこには過去も未来もない、「今ココニ」が絶対的現在であって、未来に繋がっている。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック