itusanの無駄話
生きる事の意味は人生の意味
14歳からの哲学ー考える為の教科書ー池田晶子・・・・2003.、昔読んだ本
中学生では中々読める訳が無い。ひょっとすると専門に哲学を勉強している人でないと無理ではな
いか。生きる事の意味、人生の意味を考える事を教えているが、

「悪を為さずに、善を為し、より良くなろうと学ぶ事。それが存在する事に意味の無い人生を生き
る事の、本当の意味なのかもしれない」

「人生はつまらないと思えば、人生はつまらないものに、素晴らしいものと思えば、素晴らしく
なる。」

考える主題が一寸抽象的すぎる。実際は人生は辛い事が多すぎるし、人生の意味は喜び
よりも苦しみの中から、生まれ、考えられなければならない。立身出世、金儲け~会社における
人生は意味の無い人生が多い。此れは勤めをしない人には判らない。

古(いにしえ)を問えば、古すでに過ぐ。今を思えば今も亦然り・・・
良寛さんの文章を昔は随分読んだ、最近はさっぱりご無沙汰だ、考える事が無くなった・・・・
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック