FC2ブログ
itusanの無駄話
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
介護の日々から得るもの
有吉佐和子「恍惚の人」を受講する

舅の介護の生活を書いた、ベストセラー作品、本院は53歳で亡くなった

今や介護は常時どの家でもやられている事だが、人間であるが故大変な事だ長い介護は10年以上続く
痴呆と車椅子が介護の対象になる、此れからの人間は此れを防がねばならない、足腰を鍛える、頭を使う等の自己防衛が必須だ

人格が欠如した人物の世話をするのだから、此れは悲痛な叫びだ、情けない叫びだ・・・・・
忘れたい過去だろう、嫌なこと過ぎ去った過去は酒ならば一盞の夢で捨て去りたい
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。