FC2ブログ
itusanの無駄話
文学講座 高村光太郎 智恵子抄
今年の講座最後の講義は智恵子抄だ、智恵子(明治19年生、昭和13年没、)
智恵子52歳だ、実際には彼女は精神病になり、8年は療養の生活になる、元気な年齢は44歳迄だ。当時よしては其れほど
早死にではないと思うが、光太郎の詩には悲しい事のみと思うほど、美しい夫婦愛が書かれている。

戦後2人の関係に批判的な意見が出されたが、詩人が文学作品の中で虚構の中に描く事は問題でない。智恵子抄が描いたのは
あくまで、光太郎の視点による愛の世界である

智恵子は日本女子大をでて、1年上の平塚雷鳥と付き合う、絵画を学び、洋画家として生きる、セザンヌ、ゴッホゴーギャンを好んだ
女性雑誌「青鞜」の創刊号の表紙を描く、周囲と同調しない独自のセンスや美的感覚の持ち主、
自我の強い内向的性格で、心を許した相手とのみ交流、自分の考えやスタイルを崩さない傾向がある
光太郎と出会い、新しい芸術、思想を理解しあい、近代的恋愛関係が実現でき、智恵子が理想とした新しい芸術、生き方を体験
できた。

光太郎にとって智恵子の存在がかけがえのない切り離せない存在になっていった。「あなたは本当に私の半身です」詩の中に
表現されている2人の関係から光太郎の恋愛観が主観的、且つ自己中心的である事が見えてくる。光太郎は又、彼女は唯ひたむきに芸術と私とへの愛によって生きていると言っている。智恵子は光太郎の理想に生きていると言うことだ

智恵子は恋愛期を終えると、狂ってしまう。病状が悪化し光太郎の苦悩はピークに達する、
光太郎との生活は幸せ一方で其の期間は驚くほど早く過ぎ去ったのだろう。智恵子と過ごした日々必死に看病する姿、其の光太郎の必死さは胸を打つ、又智恵子の人生を考えながら此の詩集を読めば、より深く苦しんだ智恵子の姿も見出すことができるのである。此の二面性、一つ一つの詩と彼らの人生を通して我々は此の大kな問題について問い続けたくなる

実際の智恵子の白黒写真を見せて頂いた、田舎の普通の少女の顔である、近代的な美人を見ている我々には「ほー」と言う
感じある

智恵子を千恵子と最初、書き間違えていました。何方か親切にコメントして下さいました。有難うございます



 








スポンサーサイト
文学講座 夏目漱石 草枕
有名な本だ、漱石40歳の作品だ
人生訓を含んだ、冒頭の句が有名、「山路を歩きながら、かう考えた。智に働けば角が立つ、情に棹させば流される、
意地を通せば窮屈だ、兎角に人の世は住み難い」

熊本時代(旧姓5校)恋をした前田つな子との話を書いた、結婚の相手では樋口一様もいたとか!
山の中を歩きながら一軒の宿の逗留する、其のうちの出戻りの女主が美人で色々と漱石の前に出ては消える
誠に幽霊の様な存在だ。

此の文章は写生文と言われる。又其れに美しい感じを与える

美しい感じが読者の頭に残りさえすれば良い。それ以外に何も特別な目的が有る訳がない、事件も無い
判り易く言えば従来の小説は川柳的だ、漱石は美を生命とする俳句的小説である

鴎外と並ぶ当時の二大巨頭だ
文学の講座 谷崎潤一郎 春琴抄
谷崎氏の本は初めて読むことになった。
何と難しい、読み難い小説だろう。女主人公「春琴」琴の名手、但し若い時盲目になる、弟子の佐助も自分の眼を
突き盲目になる、然し琴・三味線の一流の芸人となる。二人は相思相愛の仲になるが、結婚はしない。
元禄時代の上方の富裕層が三味線琵琶,筝、胡弓の三弦の音楽として地唄が成立した。此れは盲人の音楽として
伝承した

然し子供はできた。此の小説は永井荷風にえらく褒められた。
実際は谷崎と松子の恋物語だ、暗い闇の中で地唄が流れるぼやっとした感覚が空かれた・・・・・
何と読み難い判りにくい小説だ、其れが又良かったのか、闇の中の踊りにも皆引きつかれた
小説のテーマは現実世界より想像的世界に耽溺することが芸術であり、価値があると言われた
佐助は現実に眼を閉じ、永劫不変の観念世界へ飛躍したのである。
佐助は現実の春琴を以って観念の春琴を呼び起こす媒介としたのである

ラストシーン・・天竜寺の和尚「達人の所為に庶幾しと云ったというが読者は首者せらるるや否や」
語り手より読者への呼びかけで終わる
文学の講義 森鴎外
森鴎外「舞姫」の講義を受ける、2回目である

恋愛小説の元祖 、中々名調子の講義、鴎外が祖国に居る母親が死亡、帰国するしかない
やむなく帰国する、船旅につ き、1ケ月以上掛かる。愛人の踊り子は耐えられない、追いかける
・・・・・・若き日の青春の出来事で有った、悲恋の思いを胸に二人は生きる
名作中の名作だ!!
相変わらず鴎外の本は文語体で読みづらい、此の本も短編なのに、えらく長い時間が掛かった
美しいドイツの街々が目に浮かぶ!!

彼女の名前が最近判った  エリーゼ ・マリー・カロリーネ・ビゲルト  だそうだ・・・・