itusanの無駄話
人間の生き方
人間の生き方・・・・
新聞で見た1行の記事、「人間は不平等に生まれ、平等に死んでいく、」

美人に生まれ玉の輿に乗れる人、見栄えが良く闊達に生きて行く人、偉大な才能を受け出世する人、
見た目の幸運を受け、幸福に生涯を終える人・・・等など、

その他大部分の人は、苦労し辛抱と忍耐を経験していく人が大部分だ。
ただ生きて行くだけの人生・・・なんと悲しいことか・・
スポンサーサイト
古を思えば
古を問えば古すでに過ぐ、今を思えば今も亦然り、展転蹤跡なし

誰か愚亦誰か賢なる、縁に従って時日を消し、己を保って終焉を待つ
瓢として我此の地に来る、首を回らせば二十年

老い来たって、往時を想う、又来しかたを一場の夢と観ずる境地であり、しみじみとした
感傷が流露している。又静かな諦念の境地である。今から思うと、昔の数々の事柄は全て
夢のように過ぎ去った。だからこの今もこれから来る世から見れば夢のようなのであろう。
賢者も愚者もない。一人人生を省みる。

・・・・往古を思へば夢の世なりけり 今も来む世の夢にぞあるらむ・・・

己自身と向き合う閑暇の時
よく生きた人生とは、仮にそれがいかに短いものであっても一日一日をそれが自分の全人生
であるかのように全力で生きた人の生なのだ。

一日一日を全き力で生きた者がよく生きたと言える。とセネカは言うのだ。

今を生きないで、未来の良い生活を夢見て今を犠牲にしている人がなんと多い事か

世事にかまけず、己自身と向き合う閑暇の時がいかに尊いか

人生の生き方の極致は一日一日を人生の最後の日と思って生きる事。

そこには過去も未来もない、「今ココニ」が絶対的現在であって、未来に繋がっている。
生きる事の意味は人生の意味
14歳からの哲学ー考える為の教科書ー池田晶子・・・・2003.、昔読んだ本
中学生では中々読める訳が無い。ひょっとすると専門に哲学を勉強している人でないと無理ではな
いか。生きる事の意味、人生の意味を考える事を教えているが、

「悪を為さずに、善を為し、より良くなろうと学ぶ事。それが存在する事に意味の無い人生を生き
る事の、本当の意味なのかもしれない」

「人生はつまらないと思えば、人生はつまらないものに、素晴らしいものと思えば、素晴らしく
なる。」

考える主題が一寸抽象的すぎる。実際は人生は辛い事が多すぎるし、人生の意味は喜び
よりも苦しみの中から、生まれ、考えられなければならない。立身出世、金儲け~会社における
人生は意味の無い人生が多い。此れは勤めをしない人には判らない。

古(いにしえ)を問えば、古すでに過ぐ。今を思えば今も亦然り・・・
良寛さんの文章を昔は随分読んだ、最近はさっぱりご無沙汰だ、考える事が無くなった・・・・
哲学は人生の最後の伴侶だ
哲学は人生最後の伴侶だ

あなたは誰れ、何の為に生きているかを常に問う、日本人としての
自分を確立しないといけない。心の部分が大切だ、自分が感じる
自然、詩から入るのが良いみたい

哲学はただ実際に思索する人、事実哲学に生き哲学を生きてきた
人にとってのみ存在する。

凡人は哲学する必要はあるのだろうか?趣味としての哲学はあるのか
哲学とは啓蒙であると言う方もいます。人生は全て勉強からスタートするのだろう!!