FC2ブログ
itusanの無駄話
将来の日本
36年後の高齢化日本の凄まじい様子を曽野綾子さんの短編小説を小説新潮で読んだ。
人間は出産や介護の様な嫌な仕事、苦しい仕事を放棄し、楽な仕事に生きている

人間は感情のコントロールが難しい、従って憎しみ、怒り、不平、不満が多い
人間は自己中心的で、エゴイストである

人間の本当に生きる意味は何か?問われる・・・・・老人は死ぬとゴロゴロ道端に放棄され、
公的機関の車で処理される場所に運搬される

働く人は減少し、半減かな、税金は減少、経済は破綻、世界の殆どの国も同様だろう

こんな状況地球では戦争も起こるだろう、世の終末を迎える

人が全く居なくなるのは、いつ頃になるのだろう・・・・

生きていく・・・To Be である為には愛と希望が大切なのではないだろうか!!

スポンサーサイト